腸脛靭帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは、ランニング時もしくは、ランニングの前後に痛みの起こるスポーツ障害です。

ほかにも、エアロビクス・バスケットボール・バレーボールなどでも起こりやすい症状です。

骨盤外側から起こる大腿筋膜張筋・腸脛靭帯・大殿筋が脛骨外側(膝の外側)に付着し、この腸脛靭帯が大腿骨との摩擦することより痛みが発生します。また、外側半月板損傷を併発していることも見受けられます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因

ランナー膝というから、ランナーに必ず起こるということではありません。ランニングフォームが体の構造にとって負担であったり、急激な練習量の増加なども要因なります。
本来、体の軸は中心(下腹部)あるのですが、様々な要因により体幹の力が抜けてしまうのです。
例えば、捻挫の経験があると、足関節が内反しているケースが多くみられ、足首の影響で、体の軸が外側にスライドし負担が増す。
また、デスクワークや車の運転など、長時間座ることにより、股関節が屈曲位に傾き、立位時にはその代償として、骨盤は前傾する。中心軸は外側になり腸脛靭帯に過度の緊張が起きる。

あくまで原因は、カラダ全体のバランスの崩れから起きることを覚えておいてください。

腸脛靭帯炎の症状

stage1 ランニング前など、動き始めに痛みが現れるが、いざ走り始めてしまえば     痛みは消える。
stage2 マラソン中に痛みが現れる。(例)「20キロ過ぎると痛いんです〜」
stage3 歩行時、階段昇降時など、日常生活にも支障が出る。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)への当院の整体・鍼灸

@患部、炎症部位への鍼灸・整体による消炎・鎮痛
A腰部・臀部・下肢を中心に、筋緊張の緩和・バランス改善
Bランニングフォームや日常動作へのアドバイス

@患部、炎症部位への鍼灸・整体による消炎・鎮痛
鍼灸の優れた効用に消炎鎮痛が作用があります。微細に断裂を起こしている組織を回復させます。また、当院の施術の特徴として、運動動作での施術があり、マラソン競技でのスポーツ障害にとっては非常に効果的です。

A腰部・臀部・下肢を中心に、筋緊張の緩和・バランス改善
骨盤・股関節・膝関節・足関節など、関節矯正をすることにより、フォームが改善され、カラダへの負担を減らします。

Bランニングフォームや日常動作へのアドバイス
ランナーにとってコレが一番重要。普段の生活でカラダのバランスを崩すクセを減らします。早期に改善、また再発させないためには不可欠です。取り組みやすく効果が高いことお伝えします。

当院では、トレーニングを行いながら回復ができると考えています。状態によっては、運動制限を設ける場合もありますが、できるだけスケジュールは崩さずに施術をおこないます。
腸脛靭帯炎をはじめ、ランナーのお悩みは、いますぐ当院までご相談ください。

【腸脛靭帯炎関連のお客様の声】


 

階段の昇り降りも・・・。

クリックすると画像が拡大されます

<ランナー膝で来院しました>
3キロ位を過ぎると左ひざの痛みがひどくなってきてしまい、ジョギングすら満足にできない状態でした。また、階段の昇り降りの際も膝が痛み、普段の生活を送っていく中で膝の痛みが付きまとっていました。何日かして痛みが引いたと思いジョギングすると、また3キロくらいで痛みが再発するという状況になり、インターネットで調べたところランナー膝だと分かり、明京堂治療院さんに来院しました。

2回目の治療が終わった頃にはジョギングもできる状態にまで回復しました。
痛んでいる部分を1つ1つ丁寧に聞きながら治療して下さったので、とてもありがたく、わかりやすかったです。

  さいたま市緑区 寺島和樹様 23才 

 

一生続くのかと思った事もあったのでビックリしています

クリックすると画像が拡大されます

初めて来院した時はランナー膝で階段の上り下りが不自由なくらいに痛みが出て、ランニングだけではなくゴルフなどのアクティビティーすべて休んでいました。

集中して治療していただいて、今は全く痛くないくらいに回復しました。期間的にも短くとても感謝しています。(一生続くのかと思った事もあったのでビックリしています)今後もメンテナンスの時に伺わせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

  日野市新町 若山恭一様 36才 

 

1回目の施術で痛みが解消

クリックすると画像が拡大されます

初めてハーフマラソンに参加した直後から、太もも外側が痛むようになり、接骨院に1ヶ月程通いましたが改善されませんでした。そこでこちらの整体にお世話になったところ、1回目の施術で痛みが解消されてしまいました。他にも膝と腰もみていただき、ランニングの際に以前より足が出やすくなりました。

解説
施術がピタッとハマると、一度での症状改善も珍しくはありません。また、太ももに痛みがあるという事は腰や膝など全体を施術する必要があります。

  川口市 木村 陽佳様(仮名) 34才 

2回通いだいぶ楽になりました

クリックすると画像が拡大されます

左足腸脛靭帯炎の痛みがありましたが、こちらに2回通いだいぶ楽になりました。
ランニングフォームなども教えて頂き勉強になりました。

解説
腸脛靭帯の訴えでよく聞く、「5キロ過ぎると痛みが出て走れない」とのこと、1回の治療後20キロ走っても痛みが再発せず2回の治療で終了。当院では最短・的確を心掛けています。当然ながらお時間のかかるケースもあります。レース直前よりも余裕をもっての来院お待ちしています^^

  越谷市 松岡 宏様(仮名) 36才 

腸脛靭帯炎、膝裏の痛み 『感動的でした』

クリックすると画像が拡大されます

初めはランニングによる右膝の痛みで来院しました。(外側の腸脛靭帯炎、膝裏の痛み)施術のたびに少しずつ良くなっていくのを実感できました。

現在では(4分30秒/q)のスピードで10`程度であれば痛みなく走れるほどに回復しました。ストレッチ法も丁寧に教えて頂き役立っています。

もっと早く当院を知っていればよかったと思います。これまでいくつかの整骨院や、整形外科に通ったのですが、あまり良くならなかったのに、初回の施術を受けただけで、痛みがかなり緩和され感動的でした。

  川口市 沖正也様(仮名) 37才 

 

【ランナー関連ページ】
ランナーと腰痛
足底腱膜炎

住所: 〒332-0015 埼玉県川口市川口4丁目2-41 →アクセスマップ・ページへ

▲ページトップに戻る