不妊鍼灸 20代女性 2年間自然妊娠を目指すも・・・【症例報告】

初診 H27年11月
自然妊娠を希望されてから2年経過。
1年前よりクリニックに通うも結果が出ない。


・基礎体温が2層になっていない
・月経周期はやや長く35日くらい
・クリニックでは高プロラクチン血症と診断

とのこと。


年齢的なことと、からだ的にも大きな異常が見られないこともあり

(東洋医学では問診、腹診、脈診などにより判断、このほか、骨格の歪みや皮膚・筋肉の緊張状態をみる)
結果は出るだろうと鍼灸治療をスタート。

触診
・背骨の歪み
・腰(仙腸関節周囲)の緊張
・下肢のむくみ
・腹部のむくみ
・腹部の圧痛(軽く圧を加えると痛みを感じる事)
などは見受けられたので、これを治療する。

※当院の不妊鍼灸の治療間隔は基本、週に1度


初回は、
食事の内容・睡眠・生活習慣の細かなところまでお聞きし、
無理がなく、大きな変化が出そうなところから、気をつけていただくよう指示。

施術は、はっきりと自覚のある、腰痛を緩和させる
※特に月経時にある腰痛は、婦人科系(卵巣や子宮)と関連性が強いので無視はできない

2回目
頸部に痛みを訴えるので、歪み(頸椎の捻じれ)をとる
また、腹部の圧痛をとるため、前額部(おでこ)と、足先に鍼をする
腹部の痛みは消失したので終了

※当院では、腹部の状態を遠隔的な鍼治療にて整える、
腹部に直接、鍼をすることはありません。

 

3回目〜6回目
腹診(特に下腹部)を目安に治療を継続的におこなう。
仙腸関節部などの圧痛もしっかりと緩和させ、授かりやすい母体をキープさせる。

 

初診から2ヶ月後、無事妊娠。

 

※症例としてはかなり早い妊娠。来院されるかたの平均は約6ヶ月なので、この女性のケースは稀。元々の体質がよく、鍼灸に対する生体反応も起きやすかったので、良い結果につながったのではないか。

 

【おまけ 】
その後、28週時に坐骨神経痛になり、歩くのもつらいとのことで来院。

『このまま治らないんじゃないか』

と、だいぶ不安があったようでしたが、
いただいた声にあるように、1度の治療で普通に歩くことができ、

『歩ける〜』とおっしゃっていた。


2・3回目の治療で
『ずっと座っていると腰がきつくなる』
『実は、逆子なんです・・・・・』


4回目(2週間後の来院)
『腰痛もほぼ大丈夫』
『逆子も治っていました〜』

とここで里帰り出産をされることもあり、鍼治療は一旦卒業。

 

※本当に、なにもかも良い結果がでた順調なケース。
すべての方が、これくらいの結果がでればいいけれど、なかなかそうもいかない。
年齢も、体質も、食も、仕事内容も、メンタル面も、

みんな違うから。

当院の不妊鍼灸は、母体を整えること、
『母子ともに居心地のよい身体を作る』ことです。その為のサポートをさせていただいております。

症例の女性に『声をいただいておりますので』ご覧ください。

 

妊娠 → 坐骨神経痛 → 逆子 

クリックすると画像が拡大されます

 

 

 

 

・治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?
妊活の為 産婦人科に通いはじめたところで並行して来院
その後妊娠
し、8ヶ月で坐骨神経痛の為再度来院

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください 
自宅でも出来る治療法や食事なども教えて頂き
以前から気になっていた腰痛も軽くなりました。

 1度の治療でびっくりするくらい良くなりました。

 

 川口市 河合美千代様(仮名) 20代 会社員

 

住所: 〒332-0015 埼玉県川口市川口4丁目2-41 →アクセスマップ・ページへ

▲ページトップに戻る