HOME > プロフィールのページ

川口市 明京堂治療院 院長プロフィール

来院されるにあたりどんな施術者なのかは、当然気になるところです。
施術者としての経歴や、施術に対する姿勢や考え方を綴ってみようと思います。

畠山 征(はたけやま せい)
生年月日 昭和51年3月22日(39歳)
川口市・焼き鳥屋育ち (AB型に憧れる )B型
好きなこと 治療、舞台鑑賞(来院者様の)、娘(3歳)との時間、セミナー、川口神社参拝、 沖ヨガ、盆栽(秋元園芸所属^^)、昭和の味が残る喫茶店へ足を運ぶこと、のら猫。。。


鍼灸・整体を始めた理由

これってよく聞かれます。
キッカケの一つは。 学生時代,野球でのケガ。

もう一つ。(少し長くなりますが)
実は、高校を卒業して、すぐこの道に入ったわけではなく、 正直なところは、私が就職を考えていた時代「手に職を」みたいな ものが流行っていて 何か自分にに合う仕事はないか転々と、していました。

山ごもり、海ごもり!?の生活。スキー場、ホテル、海の家、などで働き、
そして遊びまくっていました。 (いま思えば、ワーキングホリデーをしてみたかった。知りませんでした)

毎日が楽しくて仕方ないくらいでしたが、遊んでいる感が強すぎて逆に不安が芽生えだし、 下界(山の人は皆こう言います(*^o^*))に帰ることに。

そして、仕事を探しているときに接骨院の《助手募集》の張り紙を見つけ、
野球部時代に通っていた時の雰囲気がとても良かったのを思い出し、半ば勢いだけで働きはじめました。


運よく、大きな影響を受ける

偶然、働き始めた接骨院でしたが、朝から晩まで患者さんが院外まで並んでいる
大人気店でした。

30代の若い院長だったのですが、仕事に対して情熱的で、 誠実で技術もあり大勢の患者さんに信頼されていて、 「こうなりたい!」と強い影響を受けました。

「多くの人に必要とされ、患者さんの不調を取り除いて、 ありがとう!って言って帰られるなんて最高じゃないか 」

多くの人が慢性的な痛みで不安や悩みを抱えていることを知り
なにやら、この仕事をしていくには、国家資格なるものが必要だということも知り(*_*)その国家資格を取得するには3年間、学校に行かなくてはならないことも知りました(*_*)


専門学校時代

すでにこの時22歳。
専門学校は昼過ぎまで、そのあとは夜12時までひたすら都内の鍼灸・マッサージ整体院で働く。

専門学校で何を学んだかといえば、皆さんの想像通り、ツボを覚えます。そして、
人の体に触れていくわけですから、解剖学・生理学・東洋医学・西洋医学・リハビリ・関係法規などなど3年間にわたり臨床に必要な知識を学びました。


いざ!弟子入り

弘明堂治療院 坂井秀雄氏に師事。
最初の何ヶ月は、ひたすら先生の治療を見る。
次に、患者さんへの触り方、針の抜き方や刺し方、お灸のすえ方、 師匠にマッサージや指圧をしたり、基本的な手技をマスターする。

そして多種多様な病気や怪我に対しての治療の仕方を理解し、又、 鍼灸・マッサージ以外にも、食事療法やヨガや人間学を10年間学びました。

現在は新しいビルに移転して綺麗な内装で治療院を開いているの ですが、当時は、1階がタバコ屋さん2階が養老の滝(居酒屋) そして3階が鍼灸・マッサージ治療院というかたちで、 夜になると焼き鳥のにおいがしてきたり、昭和初期のつくりらしく、階段も急すぎて、足のよくない患者さんが来ると下まで迎えに いったり、おんぶしたこともありました。

鍼灸・マッサージ・整体などの東洋医学は、現場での経験が大きく治療効果に差として現れます。専門学校で教わることは表面的なことで、実際には患者さんとは向かい合えません。臨床で人から人に伝えられ、何千年も続いてきたのです。私は坂井先生に出会ったことに対し、本当に感謝しています。


ヨガとの出会い

弘明堂治療院には古いヨガ関連の書籍が多くあり、 その中で、日本にヨガを広めた第一人者である沖正弘先生が書いた 『ヨガ入門』という本に出会いました。

現在のようにヨガをして「綺麗に・ダイエット」 なんて発想は全くなく、当時、私の頭の中には《インドの仙人が座禅を組んで宙に浮いている映像》だけがあり、なんか胡散くさいなと感じていました。しかし、実際に本を手に取ってみると、「目の前が一気に明るくなったような衝撃を受けました」いろいろな人が書いたヨガ本があり読みあさったのですが、私は沖正弘先生の書いた「生きている教育」が特に好きで何十回も読み返しました。


ヨガ道場へ入門

偶然が重なり沖正弘先生の高弟、石井三郎氏に 師事し、神田にあるヨガ道場に通うようになりました。古来よりの民間療法や断食療法、ヨガのポーズによる心身の不調の 解消の仕方、ラクな心の使い方などを指導していただきました。幸いなことに、鍼灸を学んでいましたので、考え方の根本が同じで ありとても入りやすくのめりこみました。


就職!?

少し不思議に思われるかもしれませんが、私は就職を考えたことがありません。 学べるところで働く。と言ったら患者さんには失礼かもしれませんが、それに近い感覚です。 【ダイエット・美容専門治療院】【中医師による本場の鍼灸術療院】【プロスポーツの治療院】などで働きました。


最後に、なぜ、鍼灸・整体という仕事をしているのか?

私は幸いにも鍼灸などの東洋医学やヨガと出会うことができました そしてこれらにより、生活が楽しく豊かに変化したと確信しています。

例えば、風邪を引いたとき、熱が出ますよね。 それを良くない体の反応と受けとめるのか、熱が出ることが今の身体に必要なことだと受けとめるのでは、全く対処の仕方が違ってきますよね。

人間の内なる力、自然治癒力はどんな治療法よりも優れています。 こういった考え方をより多くの方と共有していきたいな、と、 痛みや不安はお知らせアラームです。 幸せに、元気に生きていく為にはうまく活用していかなくては なりません。

そのために、常に謙虚な姿勢で、皆様の身体が何を訴えているのかを聞き、その情報を分かりやすく伝える通訳的な役割をしていきたい。そんな風に思っています。
120歳まで生きましょう。

住所: 〒332-0015 埼玉県川口市川口4丁目2-41 →アクセスマップ・ページへ

▲ページトップに戻る