作成途中・・・・・

手の指の関節の腫れや痛み

 指の関節の一部が赤く腫れている
 朝起きると手がこわばっている

 何ヶ月も何年も、物を握ると痛い状態が続いている

 リウマチを疑い検査したが陰性である

 痛み止めを処方されているが一向に改善しない

当院に来られる患者さん多くは、スポーツをしている方ですが、体の不調を取り除いていくと、「実は、手の指が痛くて・・・・」「手の指が腫れて・・・」と訴えるかたが少なくありません。

手の指の関節の腫れや痛みでお悩みの中高年の女性が、ものすごく多い事に気付きました。変形は治せませんが、痛みや腫れは取り除ける可能性は高いので、是非一度ご相談ください。


医療機関への受診

必ず医療機関を受診されてからお越しください。リウマチ専門医への受診が望ましいでしょう。数年前に保険適用になった抗CCP抗体は高感度のリウマチの血液検査です。早期のリウマチに反応します。

鍼灸でもリューマチの治療をおこなっている治療院もありますが、当院では対応しておりません。ご了承ください。


手の指の関節の腫れや痛みへの当院の治療法

鍼治療により、手の腫れや痛みの改善に効果のあるツボを使います。ツボを的確にとらえると瞬時に緩和がみられます。

腫れや痛みのある関節部分や炎症部分には鍼治療はおこなわず、背骨近くにあるツボや、肩甲骨まわりのツボを使います。

ケースによっては、整体により、骨の並びを本来の状態に近づけるよう誘導していきます。先ほども述べましたが、変形はどうすることもできませんので、なるべく早期に治療を受けることをお勧めします 。

 

手・指の変形性関節症

その他の変形性関節症と同じように、40代以降の女性に多く見受けられます。ホルモンの影響が関与してそうですが、実際のところよくわかっていないのが、この疾患の現状です。

痛み・腫れ・変形している部分によって、それぞれ名称があります 。
ヘバーデン結節 
指の第1関節が腫れる、また、痛みが出ます。小さなコブ(結節)が2つできることが特徴的です。原因はわかっておりません。

ブシャール結節  
指の第2関節(PIP関節)が赤く腫れ・痛みます。へバーデン結節同様、原因不明とされています。

母指CM関節症
親指の付け根(第1中手骨と手首の大菱形骨(だいりょうけいこつ)の関節が痛んだり、腫れたりします。ヘバーデン結節・ブシャール結節同様、進行すると変形します。 ペットボトルのふたを開ける、物をつまむ動作で痛みがズキーンときます。

医療機関では安静にしましょうといわれ、消炎鎮痛剤をもらってもなかなか症状が治まらない方が多くいらっしゃいます。ステロイド注射も副作用があったり、あまり効果がみられなかったりと、本当に悩みが深い疾患だと思います。

 

指の関節の痛みは安静にしてちゃダメ???

医療機関では「安静」「痛み止め」「マッサージ」をするとラクになりますよ。と言われることがあります。確かに、動かさなければ痛みは起きづらいです(だって動かすと痛いんだから・・・)

しかし、良くなるということではないんです!これは注意いたほうがいい。それに、手を動かさないでなんていられないですし、痛み止めを何年も使うことだってしんどいです。(実際にたくさんいます)

だから積極的に鍼治療を受けることをお勧めします。痛みや腫れがとれる可能性があるんですから。当院の鍼灸でお役に立てれば幸いです。


住所: 〒332-0015 埼玉県川口市川口4丁目2-41 →アクセスマップ・ページへ

▲ページトップに戻る